[Blog]
[本宅]
 
平成14年 3〜7月の一撃
H14.07.31 夜久し振りで、和歌三首

水といふ形なきものをただまろく 支へる力 岬より見つ
朝まだき瞬きのごと窓枠を 横切りし影 あれは燕か
有明の観覧車のその巨大なる 骨組みの彼方 旅客機はゆく
H14.07.30 夜迂闊にも最近まで気付かなかったが、Eathernet の Ether とは 「エーテル」 である。
「光や電磁波を伝える仮想物質」 は、存在が否定された今でもロマンじみて郷愁がある。
いっそ、「真空の別称」 と定義しなおしたらいいのに。
H14.07.29 夜先日、蕎麦を食っていたら急にポロリと歯が欠けてしまった。
『我輩は猫である』の水島寒月君 (寺田虎彦がモデルと言われる) はしいたけで前歯が欠けたのだが、それに匹敵するショックだった。
本当にもう若くないのだね。
H14.07.28 夜何だか、50歳になったら急に月日の経つのが速く感じられ始めた。 平成14年も既に下半期にさしかかって久しい。 今こうしている間にも、時代は変わっている。
諸行無常の中に、常住不変のものを見出さなければならない歳にさしかかかっているのだなぁと思う。
H14.07.28 朝昨日、11日付のこの欄に書いた人の葬儀に出席した。
亡くなったのは25日。私の誕生日の前日だ。これから毎年、誕生日の前日にこの人を思い出すことになる。
読経では、諸行無常の中に無常ならぬものがあると言っていた。
H14.07.26 夜実は今日でちょうど半世紀生きたことになる。
昔の人は 「人生わずか50年」 と謡ったのだから、その換算で言えば、30歳くらいのものだと思い、自分を慰めている。
古えに比べれば、まだまだ洟垂れ小僧である。
H14.07.25 夜そばは噛まずにのどごしで食うものだというが、それは「悪通」というものだと思っていた。
しかし最近になって、三口に二口は噛まずに飲み込んでいる自分を発見した。
そばには、噛む味わいと、のどごしの味わいの、両方があるようなのだ。
H14.07.24 夜ヴァイオリンのように胸から上で弦楽器を弾く手法は 「西洋の位置」 といって、16世紀以降に出現したものらしい。
中世ヨーロッパの弓で弾く弦楽器は、胡弓の影響下にあり、縦弾きが主流だったようだ。
こうしてみると、西洋は東洋に比べたら洟垂れ小僧である。
H14.07.24 朝一昨日 「デフレの何が悪い」 と書いた。無駄な生産活動はゴミを増やすだけだから、今後の経済は縮小せざるを得ない。
そうなると、正常な人口ピラミッドを維持するには、誤解を恐れずに言えば、「無駄な医療もしない」 ということになる。
死ぬ時は潔く死なねばならぬ。
H14.07.22 夜ITで経済が発展するなどというプロパガンダがある。
冗談じゃない。人は合理化/コスト・カットのためにITを使うのだ。ITはデフレ要因である。
「デフレの何が悪い?」 と開き直る新段階の経済が生まれつつあるのだと、私は感じている。
H14.07.21 夜夏祭りの季節である。ゆかた姿の女の子が多い。
しかし、ゆかたは案外暑いものなのだ。基本的に半袖はないし、丈もフルレングス。さらに、前の袷の部分が二重になる。
男なら袖をたくし上げたり、尻をからげたりもできる。洋服と違って、ゆかたは男に有利だ。
H14.07.21 朝関東が九州より先に梅雨明けとなった。暑い!
このところ、夏は猛暑か冷夏のどちらかで、「普通に暑い夏」 がない。「普通に暑い」 とは、どのくらいかというと、大体、最高気温が31〜32度くらいという気がする。
このくらいだと、世の中平和なのだが。
H14.07.19 夜米国の株式市場は、まさにバブル崩壊の様相だ。
その余波で、東京市場も弱含み。実態経済動向より、単にお金がお金を生むだけの仕組みとなった世界金融市場。
お金の新たな行き場を探す投資家も楽じゃない。
H14.07.18 夜田舎そばの本場、山形県に生まれ、江戸前そばの東京で仕事をし、常陸秋そばの産地、茨城県に住んでいる。蕎麦に関しては恵まれた境涯である。
しかし、そばのもう一つの雄、信州にはまだ縁がない。本当の信州そばを知っているという気がしない。そのうち極めたいものだ。
H14.07.16 夜久しぶりでウィルス・メールをもらった。「Re: Your Password」 というタイトルで、単なるイタズラかと思ったが、念のために調べたら 「Frethem」 というウィルスなのであった。
Outlook Express では、プレビューしただけで感染するらしいが、私はネスケ・ユーザーなのだ。おあいにく様。
H14.07.15 夜また台風である。明日の午前中に関東を直撃するらしい。
7月にこんなに続けざまに台風に見舞われるというのは、あまり記憶にない。
まあ、これだけ台風が来てくれれば、夏の水不足だけは避けられそうだから、悪いことばかりでもない。
H14.07.14 夜山形そば街道の最高峰 「あらきそば」 を食した。
本当にうまい蕎麦は、食ってからもしばらく蕎麦の香りを楽しめる。「あらきそば」 は、1時間経ってもまだうまかった。

この時期にして、蕎麦粉十割でこれだけのものを食せるのは、幸せだった。
H14.07.13 朝母の具合が思わしくないというので、帰郷したのだが、大分持ち直したようで、安心した。
人の命、老人介護 …… いろいろと考えさせられることの多い時期である。
肉体は必ず衰える。スピリチャル志向が本当に必要だ。
H14.07.11 夜夕刻、危篤の知人を見舞った。既に意識はなく、機械で送り込まれる空気で、胸だけが妙に規則正しく動いていた。
死に行く人を見るのは悲しい。しかし、人は必ず死ぬ。
現象としての死を超えるスピリチャルな存在を、きちんと考えなければならない。
H14.07.10 夜台風である。パソコンに向かう背後の窓に、大粒の雨粒が横殴りに叩きつけられている。
7月の台風首都圏上陸は5年振りだそうだ。
天気が悪いことと相関関係にあるわけではなかろうが、今日はパソコンが非常に重い。スキャンディスクをしなければ。
H14.07.09 夜このところ、日差しと湿気に恵まれたせいで、庭の雑草が盛大に伸びてしまった。
「蒔かぬ種は生えぬ」 なんて誰が言ったものか。実際は、種なんて蒔かなくてもあちこちから降りかかってくるのである。
先回りして好きな種を蒔いて、手入れしておくのが得策か。
H14.07.08 夜高速バスの運転手が酔払い運転をしていたとは恐れ入った。
地方都市では、車でなければ行けない所に飲み屋があることは決して珍しくない。
近頃、酒気帯び運転の基準が厳しくなったため、タクシーと運転代行業者が儲かり、飲み屋が苦しくなっているらしい。
H14.07.07 夜昨日に続いて、七夕ネタ。今日は新暦の七夕にしては珍しく晴れて星が見える。
しかし、旧暦では7日は必ず半月になり、それが牽牛・織女の逢瀬を取り持って天の川を渡る舟に見立てられていた。
だから、いくら晴れても、新暦の七夕では興醒めだ。
H14.07.06 夜明日は七夕だが、新暦の七夕は興醒めだ。
本当の七夕は旧暦の7月7日だから、新暦で言えばは8月中ごろ。夜が長くなり、日が落ちると涼しさを感じ始める頃が、七夕の本来の季節感である。
梅雨明け前の七夕では、織姫、彦星が気の毒だ。
H14.07.06 早朝ある評論家が 「若者にWカップで何を学んだかと聞くと 『愛国心』 と答えていたが、それでは困る」 と書いていた。
しかし 「愛国心」 と聞いて単純に「困る」 と感じるステロタイプの方が実は困りものだ。
マスコミには 「パブロフの犬」 がとても多い。
H14.07.04 夜私はタバコを吸わない。以前はヘビースモーカーだったが、禁煙してもう25年になる。
ヘビースモーカーが禁煙すると、タバコが大嫌いになるというが、その通りである。
千代田区の新条例 (路上での喫煙禁止) は大賛成。歩行喫煙は大迷惑なのだ。
H14.07.03 夜アメリカ経済はどう見てもバブルだったのに、なぜ崩壊しないのか不思議に思っていたら、結局、粉飾決算でうわべを繕っていただけだった。
World Com は 「腐ったリンゴ」 なのだそうだが、気付いてみると腐ったリンゴだらけだったりしたら、完全にバブル崩壊だ。どうなることやら。
H14.07.02 夜今年も既に下半期である。
景気回復がドル安で足踏みなのだそうだ。そこまで輸出頼みというのも悲しい。
バブルの頃は徹底的に円高だったのに、今はドル安だと悲観材料だと言う。経済というのも、かなりテキトーなものだ。
H14.07.01 昼"ロナウド"(Ronaldo) は、ポルトガル語では"ホナウド"と発音する。 "リバウド"も 本当は"ヒヴァウド"。
普段イタリアのリーグにいるせいで、"ロナウド"なのかなぁ。
一方、格闘技の"ヒクソン・グレイシー"(Rickson Gracie) は、苗字だけ英語の重箱読み。
H14.06.30 夜決勝戦はブラジルの勝ち。私は何度も言ってるようにブラジル贔屓だから、うれしい。
テレビの観客席と一緒にサンバを踊ってしまった。(私はサンバも好きなのだ)
ドイツのカーンも存在感があった。敵ながらあっぱれだった。

H14.06.29 夜

韓国と北朝鮮の艦艇同士が銃撃戦をして、死者まで出た。
一連の報道では、北側の挑発行為と見るのが自然か。いくらなんでも、韓国がWカップの3位決定戦当日に余計なことを仕掛けるとは考えにくい。
中国での亡命事件の意趣返しとしたら、嫌な性格だなあ。
H14.06.28 夜世の中にはリンクに許可申請を求めるなど、面倒な 「リンクポリシー」 付のサイトがある。
しかし、ハイパーリンクは著作権侵害に当たらないから、いくらもったいぶっても無意味だ。
ハイパーリンクはインターネットの生命線だから、それを制限するのは自殺行為だろう。
H14.06.27 夜マスコミで、「Wカップにみる日韓のお国柄の違い」 がそろそろ話題になりかけている。
予選リーグの第一戦からして、「韓国のスタジアムは、どえらく赤一色だなぁ!」 と驚いたくらいだから、話題はしばらく尽きないだろう。
Wカップ期間中は書けなかったことが、少しは報道されるはずだ。
H14.06.26 夜1週間前に 「これから日本は東南アジアになる」 と書いたばかりなのに、とんだ梅雨寒で、北東アジアに戻ってしまった。
日本中がサッカー後遺症で、梅雨明け以後の夏本番をどうして迎えていいかわからない。
ここらで頭を冷やしておこう。
H14.06.25 夜前回のフランス大会から感じているのだが、欧州、南米ではサッカーは 「オッサン」 が盛り上がるスポーツである。
日本のサポーターは若者中心で、その上、女の子が多い。
オッサンが思い切り盛り上がるようでないと、やはりその国のサッカーの歴史は浅い。
H14.06.24 夜韓国が浮かれている。一国だけで盛り上がりすぎている。
イタリアやスペインを初めとして、世界中がヒイテしまっている、きっと反動がある。これで済むわけがない。
日本は案外いいところで負けたのかもしれない。4年後にベスト8に残ればいい。
H14.06.23 夜ラグビーもそうだが、フットボールの話になると英国は突如として4か国になる。
まとめて UKチームになれば、優勝が狙えるのに、その発想は全然ないらしい。
このことからも、日本と欧州では、「国」 についてのコンセプトがかなり違うのだと感じる。
H14.06.22 夜韓国がまた勝った。もしも決勝戦が韓国vsトルコなんてことになったら、超マイナーなワールドカップになってしまう。
いくら私がマイナー好きでも、それはちょっと困る。
ここまで来たら、やはり ブラジルvsドイツが見たいというのが人情というものだ。
H14.06.22 朝ムネオ事件で出てきた 「やまりん」 という社名の字面を見て、一瞬、目が点になったという人が多い。
昔、「おこと教えます」 (お琴) という看板を、ずっと 「男 教えます」 だと思い込んでいたという子がいて、急にそれを思い出してしまった。
フロイトの世界ですな。
H14.06.20 夜最近、普通のおばさんに、,にわかサッカーファンが増えている。私の妻までが、日本がトルコに負けた日は、涙目で呆然としていた。
サッカーは、とにかくわかりやすいのが最大のメリットだ。
こうしてみると、野球はわかりにくい。米国系スポーツはおしなべてルールが複雑だ。
H14.06.06 夜仕事関係のパーティで、多くの懐かしい人に再会した。
皆、志を保持してがんばっているのに、どうして日本はこんなにだらしなくなったんだろう。
あのサッカーチームのように、志のベクトルを共通した方向に向けられれば …… 。多様化はいいが、バラバラはいけない。
H14.06.05 夜「電車の中のケータイ」 が、密かな話題となっている。
私の関係するBBSに、「義父がペースメーカーを装着しているが、医者に 『ペースメーカーを埋めていない方の耳に当てて使う分には、ほとんど影響はない筈』 と言われた」 というカキコがあった。患者が心理的に過敏に反応しているとの説もあるようだ。
H14.06.04 夜ベルギー戦の前半は、電車の中にいた。 日本が同点に追いついた瞬間、ラジオを聞いている者同士、控えめにガッツポーズをして、顔を見合わせた。初めて味わう妙な連帯感があった。
それにしても、あんなに Bonito なゴールを、ヨーロッパのWカップ代表チーム相手に決めてくれた稲本よ、本当にありがとう!

H14.06.03 夜

読売新聞によると、「(自民)党紀委の葉梨委員長と野沢太三副委員長は、『田中元外相の熱心な支持者と見られる』(葉梨氏)女性から脅迫電話を受けた」そうだ。
凄いね、どんな電話だろう。とはいえ、ただのヒステリー(だろう)を、「脅迫電話」 なんて発表する方もする方だ。
H14.06.02 夜

タイには 3つの季節しかないのだそうだ。
それは、"hot season"、"hotter season" そして"the hottest season" の3つ。
そういえば、近頃日本では "The coldest seaon" がなくなっている気がするのだが。

H14.05.31 夜近頃、Google で 「アパレル」 「SCM」 「EDI 」 で検索すると、当サイトが最初に出てくる。
それだけに、結構アクセスもあるみたいだ。カウンターを設置しとけばよかったかな?
メールの反響もそこそこあるのだが、たまには掲示板にも書いてくれないかなぁ。
H14.05.30 夜ハナエ・モリが潰れた。
既にビジネス関連の権利のほとんどは新会社に売却済みで、「今後のブランド・ビジネスに影響はない」 そうだが、 そういうのって、なんだかなぁ …… 。
本業以外でずいぶん損失を出していたようで、あのオリンピックのユニフォーム以来、普通じゃなかったな。
H14.05.29 夜FIFA が韓国伝統の 「犬肉食文化」 にイチャモンをつけてきているらしい。
私自身は、犬を食うつもりは毛頭ないが、欧州人はウサギや鳩まで食うくせして、今さら何をホザクかという気がする。
所詮、目クソ鼻クソではないか。
H14.05.28 夜私は以前、モノを生み出すのが 「文明」 で、その後始末まできちんとできるのが 「文化」 だと書いたことがある。
言い換えると、「文明」 は物質的で、「文化」 は精神的だ。
たらふく食ってスポーツジムに通うのが「文明」 なら、少なく食して散策でも楽しむのが、「文化」 というものだ。
H14.05.27 夜一時アパレル業界で 「トラマエル」 という動詞がはやった。(「捉える」 と 「掴まえる」の合成語か)
通俗マーケティングのオッサンが 「この現象を新トレンドとしてトラマエルと …… 」 などと、得々として使っていた。
今でも使っている人がいて、私は聞くたびにシラケてしまう。
H14.05.26 夜小泉首相がダービーを観戦し、日付にちなんで 2-6 を買い、見事に的中させたらしい。
これをどう解釈すべきか?
落ちかけていた運勢が再び上昇に転じたと受け取るか?
それとも、こんなところで運を使い果たしたとみるべきか?
H14.05.25 夜今日、ラジオで野坂昭如氏が 「島国で暴れたら、国に逃げ帰れなくなるのだから、フーリガンは日本には来るはずがない」 と力説していた。
だが、よく考えれば彼らの祖国もイギリスと言う島国だ。
ヨーロッパ大陸で暴れた後は、海底トンネルを走って逃げ帰ったとでも言うのだろうか。
H14.05.24 夜某中堅スーパーが、独自仕様のACN/SCMシステムをゴリ押ししようとして、納入業者のヒンシュクを買っている。
標準を無視した開発をしても、コストがかかる上に、結局、近い将来システム変更せざるを得ないだろう。
今や後悔するのに時間はかからない。1〜2年で十分だろう。
H14.05.23 夜隣の空き地は今、薔薇が盛り。 野薔薇なのでトゲが一杯だが、花はとてもきれいだ。
誰あろう、私が植えたのだが、何しろ公共の空き地だから、著作権フリー? 近所で少しずつ摘んでは花瓶に挿している。
摘むのは自由だが、皆、気を使って摘み過ぎないようにマナーを守っている。インターネットもかくありたい。
H14.05.22 夜有明ビッグサイトで開催中の 「ビジネスショー」 に行ってきた。 Adobe が なかなか力の入ったプレゼンをしていた。
Photo Shop Elements というのが、なかなかよさそうだ。 これを導入したら、当サイトにも画像が盛りだくさんになるだろう。
しかし、画像に懲りだしたら、いくら時間があっても足りないなぁ。
H14.05.21 夜いよいよ世の中がワールドカップ・モードに入ってきた。
あまり早くから一喜一憂しすぎると疲れるので、無関心を装ってきたが、そろそろ注目を解禁してもいい頃だ。
最低1勝して欲しい。願わくば一次予選を突破してもらいたい。後は贅沢言わないから。
H14.05.20 夜夏と春先とを行ったり来たりの妙な天気が続く。おかげで季節外れの風邪が流行って、周囲でも39度以上の高熱でダウンするのが続出だ。
私は近頃、滅多に風邪をひかなくなった。ちょうどいい具合に馬鹿になってきたようだ。
さらに立派な大馬鹿になれるように、修行を積もう。
H14.05.19 夜当サイトで、『猫踏んじゃった』 の ミステリー を論じたが、これに関して大真面目に取り上げているサイトがある。
ねこふんじゃった資料室」 というサイトがそれ。この曲は本当に国際的広がりをもっていることがわかる。
インターネットによって多くの資料が集まることを祈る。
H14.05.18 夜近頃、ホームページの更新をしながら 『義太夫 さわり集』 という CD を聞いている。
日本語の情念の部分は、上方のアクセントでないとうまく表現できないというのがよくわかる。
「吉本」 が東京でもウケるのは当然なのだ。
H14.05.17 夜「日経流通新聞」 を Google で検索しようとして、変換ミスで 「日系流通新聞」 と入力してしまった。
すると、何と 31件もヒットしてしまった。粗忽な人は私以外にもいるものである。
ちなみに 、「日系産業新聞」 でも10件ヒットした。平和だなあ。
H14.05.05 夜いきなりの真夏日で人の頭もぼやけてしまったか、あちこちで交通事故を目撃した。
対向車が目の前でいきなり歩道に乗り上げ、自爆事故を起こすのも見た。夜だったので、火花が盛大に飛んだ。おそらく居眠り運転だったのだろう。
気をつけよう。クワバラクワバラ。
H14.05.03 夜今日は憲法記念日。テレビニュースは毎年のように護憲派と改憲派の両方の集会の様子を伝え、お茶を濁す。
以前は改憲派の方が危ないタカ派のイメージだったが、最近では護憲派の方がカチンカチンの時代遅れというイメージに変わってきた。
これについては、本日更新のコラムをご覧いただきたい。
H14.04.30 夜インドネシアは人口が多く、巨大な国内市場があるので、産業の国際対応が、シンガポールなどの近隣諸国に比べて遅れ気味なのだという。
国内市場が大きいというのも考え物だ。
まるで日本のことを言われているような気がするではないか。
H14.04.29 朝今日は「みどりの日」。これをちゃんと「昭和の日」にする法案が準備中だという。
なんで初めから「昭和の日」にしなかったものか。別に何の差しさわりもなかろうに。
それで、改めて5月4日を「みどりの日」にするらしい。ずいぶん回り道なことだ。
H14.04.27 夜筑波山の中腹にある筑波神社から関東平野を眺めると、水の引かれ始めた田に空が映り、この季節ならではの景色だった。
故郷の鳥海山から見ると、庄内砂丘を境に、海が陸にもあるような錯覚を起こす景色になる。
山川草木国土悉皆成仏。
H14.04.25 夜今や大量生産、大量販売の時代は去り、Reduction (縮小/還元) の時代である。
このサイトでは一貫してラグジャリーを嫌って、引き算的生活を礼賛しているつもりである。
引いても引いても残るものこそが、本物なのだ。
H14.04.24 早朝昨年亡くなった六世歌右衛門の追善興行を観た。
松江改め二代目魁春の八重垣姫jは、ひたむきでいいのだが、やはりまだ、形をなぞっているなあ。
そのうち、私なんかは歌右衛門ジジイといわれるかもしれないなあ。
H14.04.23 夜連休が近づいてきた。普段は月末から月始め が締切の原稿も、今月ばかりは早めに書き上げなければならない。
連休といえば、温泉にでも行ってのんびりしたいと思うのは、歳をとった証拠だろうか。
温泉で、1日何もしないで過ごしたい。
H14.04.22 夜昨日は都々逸坊扇歌について書いたが、ついでから、お気に入りの都々逸をちょっと挙げておこう。

思い出すよな惚れ様じゃないよ 思い出さずに忘れずに
一人で寝るのは寝るのじゃないよ 横に立つ様なものだとさ
H14.04.21 夜最近知ったのだが、都々逸(どどいつ)というのは、江戸末期に都々逸坊扇歌という人が創始したものだという。
出生地の常陸太田市には記念碑があり、石岡市の常陸国分寺には墓とともに彼を祀る「扇歌堂」というのがある。
趣のある六角堂だ。
H14.04.20 夜今日、左側「道楽海域」の2コーナーを更新した。
そのほか、サイト全般にわたって読みやすさアップのためのインターフェイス改良を施した。
こうした改良は、コンテンツが小さいうちに限る。膨れ上がってしまうと、全体にわたる修正は手に余るようになる。
H14.04.19 夜今日、出先で久し振りで56kbpsでインターネットにアクセスして、あまりの遅さにたまげてしまった。
試しにこのサイトも見てみたのだが、やはり画像の部分が重い。
ADSLや光ファイバーに慣れ過ぎて、つい最近までの環境をすっかり忘れていたのだった。
H14.04.18 夜みずほ銀行の振替業務がやっと正常になりかけている。
今回の混乱は、三銀行が皆、トグロの巻いた自社システムにこだわって、マトモなシステム統合をせず、システムの寄せ集めで済ませてしまったことが原因だ。
それで、却って多くを失った。
H14.04.17 夜実は私はマンネリズムというのが大好きなのだ。
密かに「黄金のマンネリズム」と呼ぶ最高のネタは、かの玉川カルテットの「酒もいらなきゃ女もいらぬ、わたしゃも少し背が欲しい〜」である。
マンネリズムを極めると「伝統」になるのである。
H14.04.16 夜春に身が入り過ぎて、初夏を通り越したような陽気である。
多少お湿りがあったので、庭の雑草も急に伸びてきた。
「蒔かぬ種は生えぬ」 なんて、誰が言ったものか、蒔かなくても生えるものは生える。
偉大なる自然による黄金のマンネリズム。

H14.04.15 夜

レコード店ではいつの頃からか、日本人が作って日本人が歌う曲は、すべて「邦楽」ということになってしまった。
「邦楽」とは本来、筝曲、長唄、端唄などをいうのだ。
百歩譲って、「つんく」 は邦楽でもいい。しかし、宇多田ヒカルは違うだろう!
H14.04.14 夜我が家の娘が、この春高校に進学した。
驚いたことに、制服のアクリル70%/ウール30%のセーターが7,900円もするのだ。ユニクロに行けばオールウールのセーターが3,000円しないで買える時代にである。
競争のない世界は、かくも愚かしくなる。
H14.04.13 夜関西弁が関東にも浸透しているらしいが、関西人でも東京に来てしばらく経つと、変な言葉になるのがいる。
関西弁アクセントのくせに、言葉尻だけ「〜さ」とか「〜じゃん」とか言い出すのだ。
「〜な」とか「〜やん」で押し通してくれないと、こちらがむず痒くなるのだが …… 。
H14.04.12 深夜最近、電車の中で連続して、足を踏まれたり、背中をド突かれたりした。先方としては何かの間違いなんだろうが、「済みません」の一言はついになかった。
そのくせ、韓国や中国には妙なところで謝りまくっている。
近頃の日本人は、謝りどころを完全に間違っている。

H14.04.11 深夜

このほど、私の職場に光ファイバーが導入された。
実は、このサイトは我が家にADSLが引けたのを機に立ち上げた。引けた当初はずいぶん速く感じたが、光ファイバーに慣れてしまうと、物足りなく感じるようになった。
人間の欲望は果てしがないものだ。

H14.04.10 夜

小泉首相が4月20日に新宿御苑で「桜を観る会」を開くらしい。
例年の4月下旬は八重桜の花時だが、今年はいくら何でも遅すぎるだろう。この人、最近ちょっと外し気味かな。
だが、本当の勝負はこれからだ。まだ見放さないぞ。

H14.04.09 夜

世の中には諦めのいいタイプとイケ図々しいタイプがある。
加藤紘一氏はあっさりと辞め、キヨミちゃんも結局は辞めた。
ムネオさんとマキコさんは、ご覧の通り。結局は同類だったようだ。ある意味、政治家の鏡である。

H14.04.08 深夜

今日は暑かった。東京は26度の夏日だった。
ところが、本番の夏はエルニーニョが発生し、冷夏になる可能性があるという。
この冬も初っ端は寒かったが、結局は暖冬だった。そうすると、夏は本当に冷夏かな?

H14.04.07 深夜

あちこちから、「給料5%カット」とか「ボーナス8割カット」という景気の悪い話が聞こえてくる。
お金というのも商品と同じで、需要が減らないのに供給が減ると、それ自体の価値(商品で言えば価格)が上がる。
デフレの正体とは、この程度のものと考えよう。

H14.04.06 深夜

妙に空気が乾燥している。おかげで、春なのに霞も立たず、朝の10時近くになっても富士山が拝める。
洗濯物の渇きはいいかも知れないが、山火事が頻発するのは困りものだ。
25年前に禁煙しておいてよかった。

H14.04.05 深夜

今日2度目の更新だ。
今回の騒動について、田中真紀子サンが 「藪から棒」 と言っているらしいが、 そうじゃなくて、「藪蛇」でしょうと言いたい。
悪乗りしすぎて、藪から蛇を出してしまったとしか思われない。自業自得かな。

H14.04.05 夜

今日は職場のパソコンを入れ替えた。いつも思うのだが、新しいパソコンを使い始めるというのは、ほとんど引越しのようなものだ。
型落ちの機種なので、HDは10GBに満たず、既に半分以上が埋まってしまった。
HDだけは余裕のあるのが欲しかったなぁ。

H14.04.04 夜

田中真紀子氏にまでネコババ疑惑。さもありなん。
これは日本の病気である。あなたの周りにだって、いくらでもいるでしょう。公費で飲み食いするのが大好きな人。 それと変わらない。
本当は、自分の金で飲む酒が一番うまいのだ。

H14.04.03 夜

春を詠める 三首

花散りて地に降りたるらし田の神は 水引くポンプの音響く朝
早朝のさやけき中を詣でしに 下り仰げば筑波嶺おぼろ
子供らがあの辺りにと指をさす 霞の彼方富士は立つらん

H14.04.02 夜

阪神タイガースがまた勝ったらしい。スポーツと言うのは「気分」でするものだという証拠みたいなものだ。
野村監督時代は、選手たちとしてもケッタクソ悪くてノレなかったんだろうなぁ。
もっとも、ああいうタイプの上司は、下の方から明るくクサしてやれば、結構扱いやすいものなのだが …… 。

H14.04.01 夜

そういえば、今日はエイプリルフールだったが、世間に余裕がなくなっているせいか、面白いウソが見当たらなくなった。
この日のために、腕に縒りをかけて素敵なウソを準備する人も少なくなった。
来年こそは大ウソで盛り上がりたいものだ。

H14.03.31 夜

今日は常磐道を水戸近辺まで北上した。
都内では桜はかなり散ってしまったが、茨城南部ではようやく散り始め、水戸では今が満開の状態だった。
こうして見比べると、桜は散り始めて花吹雪になった頃が、一番風情がある。
H14.03.30 夜 「(なるべく)」付だが、毎日更新の宣言をしてしまったもので、案外プレッシャーがかかっている。 なかなか時間がとれないので、更新にはスピードが必要で、常にネタを意識していなければならない。近く「ナマグサ海域」の大ネタも更新するつもりなので、よろしく。
H14.03.29 夜年度末の金曜日、銀行のキャッシュディスペンサーは振込みや記帳で、長蛇の列だったらしい。
その程度の手続きならば、どうして皆インターネットを使わないのだろう?
あんな非生産的で面白くもない仕事に半日近く費やして、疑問に感じないのは信じられない。
H14.03.28 夜今日は久しぶりで九段から神田にかけて歩く機会があった。千鳥淵の桜はもっと散っているかと思ったが、意外にしぶとく咲き残っていた。
夕方、岩本町の「そば七」で鴨せいろを食った。ここは丼物や種物が豊富で出前もバンバンやる変なそば屋だが、鴨せいろはかなりのオススメだ。
H14.03.27 夜桜 三首

見る人もなき花冷えの雨の夜に 桜は散らず我を待つごと
この黒きごつごつとした幹のありて 桜はかくも空に漂う
花という花が早咲きとなりし春 夭折したるピアニストを聴く
H14.03.26 夜先日、常陸太田の西山荘に行ってきた。
ここはかの黄門様、水戸光圀公が隠居して、「大日本史」の編纂に取り組み、水戸学の発祥となった地である。
いいところである。私の標榜する「見識ある解釈と編集」には最高の環境に思えた。
H14.03.23 昼私が蕎麦好きであることは「」のコラムにも書いたが、蕎麦関連で素晴らしいサイトを見つけた。
Cyber Soba 蕎麦三昧 というサイトである。一度覗いてみていただきたい。
ここまで極められたら立派なものである。
H14.03.21 夜電車の中でくぐもった着メロが延々と鳴り続け、かかってきた本人はそれを子守唄に、さらに眠り続ける。
他人の着メロは気になるが、自分では案外聞こえない。
時は春。太平の眠りは、悪趣味な着メロをひたすら垂れ流し続ける。
H14.03.19 夜妙に暖かい。あちこちで桜が咲いているらしい。
去年の新入社員は、今年の新入社員が入ってくる前に、またしても花見の場所取りを仰せつかることになりかねない。
地球温暖化というのは、どうやら本当らしい。
H14.03.17 夜サイトのトップページと中身をマイナーチェンジした。
多少シンプルで見やすくなったかもしれない。
ところで、世間は相変わらず鈴木宗男で騒いでいる。
彼はとっくに「死に体」なんだから、これ以上騒いでも「刀の穢れ」のような気がするんだがなあ。